子宮内膜増殖症と診断されて

こんにちは、ユミです。

今日は、先日の子宮体がん検査の結果の話です。



先日の検査から2週間後、検査の結果を聞きに行きました。

経験上、ヤバい時は診察日を待たずに電話で連絡が来ることを知っているので、まあ大丈夫だろうと楽観視していました。

このころは、不正出血は治まっていました。

検査結果には、なにやら小難しいことが色々かいています。

子宮内膜。内膜腺の極性がやや乱れ、間質の狭小化のみられる内膜が断片状に認められます。

内膜腺上皮には核の儀重層化が見られます。強い核異型は認められません。

子宮内膜増殖症を考えます。

断片化しているため判断は難しいですが、間質が狭小化しているため複雑型を考えます。

さっぱりわからない!

そして「子宮内膜増殖症」って何?!

子宮内膜症は聞いたことあるけど、増殖症って何?!

と若干プチパニック。

子宮内膜増殖症というのは、子宮の内側を覆っている内膜が異常に厚くなってしまう病気なのだそうです。

たしかに、先日エコーで見てもらった時のUmiの内膜は22mmと通常よりも厚いと先生に言われてました。

通常だと、厚くなった子宮内膜は生理のたびに排出され、また新しい子宮内膜が増殖する、というのを繰り返すのですが、この病気の場合は分厚くなった内膜が子宮に留まり続けているようです。

そしてやっかいなのが、次第に悪性化して子宮体がんに移行する可能性があるということ。

そして、上皮細胞の異型有無によって、「子宮内膜増殖症」か「子宮内膜異型増殖症」に分類され、さらに腺構造の異常の程度で「単純型」と「複雑型」に分類されるそうです。

(今は単純型と複雑型はあまり区別しないらしい。)

・・む、むずかしい。

Umiの診断は「複雑型子宮内膜増殖症」となりました。

ただ、この診断の場合、子宮体がんに移行する可能性は低いので、ピルの服用で様子をみましょうということで、服薬治療を行うことになりソフィアA錠を10日分処方されました。

この日の支払金額:560円

トータル支払金額:10,200円

ポチっとしてくれるとうれしいです◎
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜異型増殖症へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする