手術の意思を伝えたのに

こんにちは、ユミです。

今日は、治療の方針を先生に伝えにいった時の話です。



前回受診から1週間考える時間があったのですが、わりとすぐに手術する、で決まりました。

「どうしても子供が産みたいのであれば協力したいけれど、今ふたりだけで十分楽しいから死なないなら子供とかどうでもいいよ。」

というのが、夫の考えです。

そして、そもそもわたしは出産願望がないし、考えたけれど産みたいという結論になりませんでした。

そして、診察室に入り元気よく「手術しようと思います!」って言ったところ

( ゚д゚)

完全に先生こんなかんじの顔だった…。笑

延々とあなたはがんではないし、ホルモン治療をしてからでも遅くないから考え直してはどうですか、と説得&説得&説得で、セカンドオピニオンを進められました。

いやぁ…わたしどっちかというと手術してほしいんですけど…とは言い出せず、そしたら夫と先生で勝手にセカオピ先をどんどん決めてしまって、当事者蚊帳の外みたいな。

ということがあり、わたしって心底子供を産みたくないんだなぁと実感しました。

子は宝だとか、希望だとかいうけれど、わたしは働いて税金納めて自分が老後を過ごすには十分な資金を自分で用意するから、産みたい人が産めばいいと思う。

そんなことを煮えくり返っている頭の中で考えながら、病院からの紹介状をもらい帰宅しました。

この日の支払金額:1,720円

トータル支払金額:106,823円

ポチっとしてくれるとうれしいです◎
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜異型増殖症へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする