セカンドオピニオンに行く

こんにちは、ユミです。

今日は、セカンドオピニオンに行った話です。



前回は夫や主治医に対して怒りが爆発していたのですが、夫とは和解し、セカンドオピニオンに行くことにしました。

訪れたのはがん研有明病院です。

まさかわたしがこの病院に来るとは思わなかった。

少なくともこの年齢では…。

比較的新しいと思うのですが、病院っぽくなくて市役所にきたみたいなかんじです。

1階の初診受付で問診票(どんなことを聞きたいのか)みたいなことを書き、2階の総合受付へもっていき、呼ばれるまで待ちます。

がん研はこのPHSですべてやりとりされます。

これを持ってたら、館内のどこにでも行っていいそうです。

って言っても、タリーズとかレストランくらいしか行くとこないと思うけど…。

ちょうどオリンピックの男子フィギュアやっていたので、テレビの前は人だかりができていました。

セカンドオピニオンの結果は、ホルモン治療やってから手術を考えてみてはいかがですか?とのこと。

主治医と同じ意見でした。

40過ぎて明らかに手術しなきゃいけない状況でもホルモン治療がしたいって来る人もいるくらいなのに、あなた潔すぎますよと言われる始末。笑

今の病院の説明が納得いかないわけではないのですが、結局「産婦人科」じゅないですか。産むほうも考慮しなければいけないわけで。

がん研は「婦人科」で、しかも「がん」の病院なわけです。

だから、「がんの治療」って観点で見るとどうなんだろうなーっていうのは思ってたんですが、結果同じ答えだったのでじゃあ今の病院でやってみるかと思いました。

今回、セカンドオピニオンでほかの先生の話も聞いてみて、この治療のゴールが「病気の完治」ではなく「妊娠」なのが気にくわないからやりたくないんだなっていうのがわかりました。

結局がん研の先生も、治療が成功したらすぐに妊娠したほうがいいって言ってたし。

だーかーら、子供産みたくないんだっつーの!!!

そしてあまのじゃくなのでそういうことを言われると、ますます産みたくなくなるわたしの性格。笑

帰りにお台場でパンケーキを食べました。

この日の支払金額:37,800円※全額自費

トータル支払金額:144,623円

ポチっとしてくれるとうれしいです◎
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜異型増殖症へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする