アフラック保険給付金

こんにちは、ユミです。

先日病院から保険会社用の診断書をもらったので、早速請求しました。

今回はアフラックについてです。

※加入している保険によって支給額は異なりますので、必ずご自身の保険内容を確認し、本記事は参考程度にしてください。



■加入しているアフラックの基本内容

保険種類:がん保険〔2014〕V0<新生きるためのがん保険Days>

契約日:2016年10月(2011年に契約していたが、2016年10月に更新)

保険料:3,039円/月

保険期間:終身

■主契約・特約

主契約

・初めてがん、上皮内新生物と診断確定されたとき

がんの場合 100万円

上皮内新生物の場合 10万円

・がん、上皮内新生物の治療目的で入院をしたとき

1日につき(1日目から) 1万円 支払限度:日数無制限

・がん、上皮内新生物の治療の為に以下の1,2いずれかの通院をしたとき

1:約款所定の手術、放射線治療をしたとき

2:入院給付金の支払われる1日以上の入院後、退院日の翌日以後365日以内に通院をしたとき(往診も含む)

1日につき1万円

特約

・診断給付金複数回支払特約

初回の場合

初めてがんと診断確定されてから2年以上経過後に、つぎの1および2になったとき

1:がんと診断されていること

2:がんの治療を直接の目的として入院していること

2回目以降の場合

前回の特約診断給付金のお支払いから2年以上経過後に、上記1および2になったとき

がんの場合 100万円

上皮内新生物の場合 10万円

・手術、放射線治療特約

がん、上皮内新生物の治療目的で約款所定の手術を受けたとき

20万円 支払限度:回数無制限(一連の手術については14日間に1回)

がん・上皮内新生物の治療目的で約款所定の放射線治療、電磁波温熱療法を受けたとき

20万円 支払限度:60日に1回、回数無制限

・抗がん剤治療特約

がんの治療目的で約款所定の抗がん剤治療を受けたとき

1回につき5万円

乳がん、前立腺がんの治療目的でホルモン療法を受けたとき

1回につき2万5000円

※上皮内新生物は保障の対象外となります。

・がん先進医療特約

がんで約款所定の先進医療を受けたとき

1回につき最高2,000万円まで

がん先進医療給付金が支払われる療養を受けたとき

がん先進医療一時金 1回につき15万円

※上皮内新生物は保障の対象外となります。

■病院からもらった診断書

■保険会社からの案内

支払金額

診断給付金 100,000円

手術治療給付金 200,000円

入院給付金 20,000円

通院給付金 40,000円

計 360,000円

よっしゃーーー!!!!!

社会人なりたてで右も左もよくわからない状況で、保険会社のおばさんに迫られてなんとなく契約したがん保険が役に立つときがくるとは!

子宮内膜異型増殖症が対象になるか不安でしたが、コールセンターへ連絡したら丁寧に教えてくれました。

結果、上皮内新生物の判断になるとのことで請求したのですが、「がん保険」が役にたつというのもなんだか少し悲しいですね。

でも、もらえるものはもらわないと!

そして、手術のたびに20万円もらえるようなので、2か月に1回20万もらえるボーナスステージ突入の予感。

通院でも1日1万円もらえるのがありがたいです。

診察だけだと1,000円以内で済むときもあるんですが、前回みたいに検査を大量に行うと3万円ちかくいってしまうときもあるんですよねぇ・・。

あと、2年くらい前に契約を更新したのもよかった!

多分前の契約だと、上皮内新生物は支給対象外だったはずなのです。

そうなると今回給付されなかったので、本当によかったな~と思いました。

定期的な保険の見直しはやっぱり大切ですね!

ポチっとしてくれるとうれしいです◎
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜異型増殖症へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする