2回目の子宮内膜掻把1

こんにちは、ユミです。

2回目の手術を受けてきました。



前日に入院時間についての連絡がくるのですが、打ち合わせ中で電話がとれず、

折り返してもつながらず。

お昼にまたかかってきていたのですが、その時も出れず結局夫宛に電話がきました。

8:50入院とのこと。

そして、前日は21時以降飲食禁止なのですが、20時ごろまで仕事をしていたので、

ふつうに22時までごはん食べてました。

自己責任なので・・・。

そして当日ですが、雨の為タクシーが全然来ない。

なんとかタクシーに乗り込み、ローソンでT字帯とお菓子買い込み

10分遅れくらいで入退院センターへ。

病棟から看護師さんが迎えに来てくれたのですが、

もう9:30には手術室行かなきゃいけないんで急ぎめに行きます!

とのことで、病室についてソッコー着替えさせられ、

手術着のまま婦人科外来へ行きラミナリアを入れられ、

腹痛の中病室へ戻ると「はい~じゃあ手術室行きます~」ってことで、

この間わずか20分ほど。

本当に9:30ごろには手術室にいました。笑

前回は緊張していてあまり覚えていないのですが、

今回は看護師が2名、先生が2名の4名でした。

前回はたしか麻酔の先生とかもいたし、看護師の方も3名はいたような気がするんですよね。

麻酔も先生がやってくれました。前回より痛くなかったです。

そして、前回は手術中眠れるように薬をいれてもらっていたのですが、

今回は聞かれなかったし要領もわかっていたので意識のあるまま手術を行いました。

途中、生理食塩水を大量にいれるのですが、

そのときにすこしニオイに敏感になっているようで、焼けたゴムのようなニオイを感じて

気持ち悪くなりました。

でも、別に吐き気をもよおすようなものではなかったし、

途中から慣れたのかあまり感じなくなりました。

痛みは感じないものの、中で何かされてるなーっていうにぶい感覚はあるので、

怖い人はやっぱり眠る薬をいれてもらったほうがいいかもしれません。

あとは、手術中部屋を寒くするらしく、途中からめっちゃ寒くなってきました。

すぐ終わったのでよかったのですが、部屋に帰ってからもすごく寒かったので、

意識があるのであれば寒いことを猛烈アピールしたほうがいいかもしれません。

意識がはっきりしていたので、病室に戻るストレッチャーで目がまわって逆に気持ち悪かった。

その2につづく!

ポチっとしてくれるとうれしいです◎
にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜異型増殖症へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする